妊婦が胃痛になる主な原因について

妊婦 胃痛 原因

妊婦が胃痛になる主な原因とは?

 

妊婦になると身体が赤ちゃんを育て、そして出産するための準備が行われます。そのため体質の変化や体調不良などが発生し「いつもの私じゃないみたい」と戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

そんな中で心配されているのが、胃痛です。実に妊婦の半分近い人が、胃の痛みに悩まされているようですが、その主な原因とは何なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

その原因は、実は妊婦中は胎盤で生産される妊娠中に重要な働きをする黄体ホルモンが大きな影響を持っているといわれています。黄体ホルモンにはさまざまな役割があるのですが、その中のひとつに子宮の筋肉の緊張を緩めて、胎児の成長にあわせて子宮内部を大きくさせる働きがあるのです。

 

妊婦 胃痛 原因

 

特に妊娠4ヶ月以降になると、胎児がどんどん大きくなるので、この黄体ホルモンはさらに分泌されるようになります。この黄体ホルモンの副作用として全身の筋肉までも緩めてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

すると、食道と胃の間で胃酸の逆流を防ぐ筋肉の弁も緩んでしまい、胃酸が逆流してしまい、食道を炎症させ胃痛へと発展していくのです。これが原因として挙げられます。

 

妊婦になれば誰でも黄体ホルモンの分泌は活発になるので、それによって胃痛というものを経験する人が半数にも及ぶという訳です。原因としてはホルモンが関係していることが分かりましたが、抑えることはできるのでしょうか?

 

このホルモンは胎児を育てるのに必要なので、どうすることもできません。胃痛は出産と同時に治まることが多いので、それまでは我慢が必要でしょう。a