空腹時に発生する胃痛の原因について

胃痛 原因 空腹

空腹時に発生する胃痛の原因について

 

空腹時にいつも胃痛が発生すると困っている人も多いのではないでしょうか?日本人は世界でも有数の胃腸の弱い民族だといわれているので、どうにか胃をケアしながら生活していかなければいけません。

 

そもそも、なぜ空腹時に胃痛が発生するのでしょうか。その原因について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

空腹時の胃痛でいちばん疑われるのは「胃酸過多症」です。症状といて、食後2~3時間後に胃部の不快感や胃痛、胸焼けなどがあります。これらは、脂質の多い食事などをすることでよく見られるようです。

 

胃痛 原因 空腹

 

脂分の多い食事をすると、胃液の酸が過剰に分泌されることによって胃の内部が炎症を起こします。それにより胃痛の症状を発生させるのです。空腹時でも、胃酸が過剰に分泌される状態が続くので、内部がさらに炎症を引き起こし、胃痛を伴うというメカニズムです。

 

スポンサーリンク

 

この「胃酸過多症」が引き起こされる原因というのは、精神疲労時や憂鬱状態のときに起こりやすく、上記でも挙げたように脂分の多い食事などバランスを欠いた食生活、さらに飲酒、喫煙、香辛料の取りすぎなどもあります。

 

 

もし空腹時に胃痛を感じた場合には、自分の精神的な疲れなどが溜まっていないか確認してみましょう。もしかしたら食生活が乱れていることが胃痛の原因になっているかもしれません。そうしたチェックを常に行っていくことにより、自然と治すことができるようになります。

 

身体が自覚症状を訴えているときは、それなりに危険な時です。その信号を無視することなく、原因を探っていくのが健康に過ごす秘訣でもあります。