胃痛になる原因はストレスが大きく関係していた!?

胃痛 原因 ストレス

胃痛になる原因はストレスが大きく関係していた!?

 

日本人はストレスに対する免疫が弱く、胃がすぐに炎症を引き起こすといわれています。では、なぜ胃痛の原因としてストレスをあげることができるのでしょうか?そのメカニズムについて説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

まず、胃痛が発生する原因はどうなっているのでしょうか。胃は、食事をしたときに摂取した食物を胃酸で溶かす役割を担っています。この胃酸はとても強烈で食道などに逆流してしまうと、食道を溶かして炎症を引き起こすこともあるので、通常は弁がしてあり逆流を防いでくれているほどです。

 

その胃液は、食事をしたときに大量に発生するので、それ以外では特に何もしていません。ところが、外部からの強いストレスを感じたときには、脳が胃酸を多量に出すようにという指令を勘違いして出してしまいます。脳からの指令を臓器は断ることができないので、食事をしていないのに、胃液が大量に分泌されてしまうのです。

 

胃痛 原因 ストレス

 

すると、胃酸は自らの胃の内部を溶かしはじめ、それが炎症となり胃痛となって感じるようになります。そうするとストレスがかかった状態だと胃痛が発生すると自分でも分かるようになるので、胃痛の原因がストレスだと実感することができるのです。

 

 

できればストレスを感じないような生活をすることが、ストレス性胃炎などから解放される一番の状態です。しかし、現代社会でストレスを感じない生き方をするのは中々に難しいものです。

 

ストレスが原因だとわかっているのであれば、自分で発散する方法などを考えて取り入れるなどの対策をするのがベストです。