食後に発生する胃痛の原因について

食後 胃痛 原因

食後に発生する胃痛の原因とは?

 

食前はどうってことなかったのに、食後になると胃痛が発生して困っているという人も多いのではないでしょうか。これではせっかくの楽しい食事も台無しになってしまいますし、余計なストレスを抱える原因にもなります。

 

では、何故食後に限って胃痛が発生するのでしょうか?その原因について探ります。

 

スポンサーリンク

 

胃痛には、様々な原因があります。臓器が弱り胃が食物を消化できなくなり痛みが発生するものや、ウイルスなどによって炎症が起こり痛む場合、さらに外部からのストレスによって胃酸が大量に分泌されたことによって内部が溶けてしまい痛みが生じる・・・。こうした原因が考えられます。

 

食後 胃痛 原因

 

ですが食後に限って胃痛が生じる場合にはストレスなどは関係なさそうです。一番考えられるのが、「早食いによる消化不良」です。口で租借せずにそのまま飲み込むような形で食事をすると、胃にかなりの負担をかけることになります。

 

臓器の中でも一番デリケートですぐに炎症を起こしてしまう胃は、それだけでもすぐに変化が生じてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

胃が食物を消化させるのには胃酸が必要で、これは脳からの指令により分泌されています。租借しきれていない食物が胃の中に入ることで、脳は大量の胃酸を出すように命令します。

 

すると、胃は消化に必要な分以上の胃酸を分泌させるので、胃の内部を溶かしてしまうのです。これによって、胃痛が生じてしまいます。

 

食後 胃痛 原因

 

上記のような原因が一番考えられますが、もう一つは「偏った食事をする」ことが挙げられます。脂分の多い食事や刺激物、アルコールなどを大量に摂取すると、分解されたときに発生する物質によって胃の内部が荒れてしまいます。こうなると胃もたれなどの不快感や、胃痛などが生じてしまうのです。

 

こう考えると、食後の胃痛というのは、食事そのものに関係していることが分かります。そのため、それ以外では特に痛みを感じることがなく、普通に生活ができているのです。

 

原因が分かれば、あとは対策をするだけですから食生活の見直しというものをすぐに変えていけば、食後の胃痛という原因を取り除くことができるでしょう。

 

 

胃痛で悩んでいる人は日本人は特に多いようですから、食後の痛みというのも自分で原因をしっかりと突き止めておくことが重要です。