胃痛の症状が現れるその主な原因について

胃痛 症状 原因

胃痛の症状が現れるその主な原因とは?

 

日常生活で密接に関係してくるのが、胃腸です。その働きが低下することで、様々な症状が引き起こされ満足に生活していくことができなくなることもあります。

 

そんな胃痛などの症状が発生する主な原因とは何でしょうか?その点について調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク

 

胃痛という症状が現れる原因として考えられているのが、「病気による胃痛」と「一時的な胃痛」です。病気による胃痛は、その通りでウイルスが体内に入り込むことで、胃腸の働きを低下させ、発熱、下痢、嘔吐、胃痛などを伴います。

 

これらは通常3日程度で治るのですが、怖いのはウイルスではなく慢性的な病気です。

 

胃痛 症状 原因

 

その中でも多く知られているのが、胃潰瘍です。極端な食生活が続くことで、胃の内部に慢性的な炎症が発生します。これが胃全体に広がることで胃の機能が極端に低下し、それは他臓器にも影響を及ぼします。

 

最初は胃痛という症状が発生するのですが、長引くと胸焼けやムカムカ、吐き気など通常とは違う変化が起きるのですぐに異常だと分かります。

 

スポンサーリンク

 

こうした病気による胃痛は、放置しておくと大変なことになりますので「ただの胃痛」だと思って楽観視していると痛い目にあいます。異常を感じたらすぐに医師の診断を受けることが大切です。

 

一方、一時的な胃痛はどういったことが原因で発生するのでしょうか?この場合は原因は多岐にわたるので、特定するのが難しいというのが現状です。最近は、ストレスによって胃痛の症状が現れる人が多いようです。

 

胃痛 症状 原因

 

ストレスがかかると、胃酸が多く分泌されます。必要以上の胃酸は胃の内部を溶かす作用があるので、胃の不調から胃痛へと変化していきます。面接やスピーチなど極度の緊張状態にあると、喉が渇いたり、胃がキュルキュルと痛くなるのも、胃酸が内部を溶かしているからです。

 

こういった胃痛は一時的なもので、基本的には放置しておけばすぐに治ります。しかし、それが長引くようであれば十二指腸潰瘍などの疑いがあるので医師の診断を受けるのが懸命です。

 

 

このように、胃痛の症状には様々な原因があります。病気による胃痛が原因でなければ特に問題はないのですが、胃痛によって不快な日々を送るのも困ったものです。自分で胃痛になる原因を特定して、かからないように工夫することが大事です。