胃痛と下痢が同時に起こる原因について

胃痛 下痢 原因

胃痛と下痢が同時に起こる原因とは?

 

胃痛は日常生活で頻繁に遭遇することが多く、胃薬が手放せないという人も多いのではないでしょうか。胃痛だけなら良いのですが、下痢も同時に起こることもあり、困ってしまうこともあります。

 

では、何故下痢までもが一緒に引き起こされてしまうのか、その原因について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

胃痛と下痢が同時に起こる場合に一番考えられる原因は、急性胃腸炎です。その名前の通り急性のものですから、突発的に胃痛、吐き気、下痢、発熱などを引き起こし満足に動くことができないほど苦しくなります。

 

自然と治るのを待つと、違う病気が発生する危険性もあるので、いつもとは違う胃痛を感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。

 

胃痛 下痢 原因

 

急性胃腸炎は、ウイルスが体内に入り込むことで、胃腸内部を炎症させることにより引き起こされます。食物に付着したウイルスによって発症すると考えられていますが、その原因が不明なものも少なくありません。どういった経緯であれ、非常に激しい胃痛と下痢に見舞われるので、大変です。

 

スポンサーリンク

 

胃痛と下痢が同時に起こる場合には、すぐに急性胃腸炎だと考えることができるのですが、原因はこれだけではありません。最近日本人女性に胃痛と下痢が同時に起こる症状を引き起こしている人がとても多いと言われています。

 

その原因はストレスです。日本人女性も世界の先進国に比べればまだまだ遅れてはいますが、社会進出が目覚しくなりました。

 

胃痛 下痢 原因

 

それにより、以前に比べて多くの女性が社会から受けるストレスを感じ取り、飲酒や喫煙をする人が増えてきています。胃はストレスやアルコール、タバコなどに大きく影響を受けることが考えられており、すぐに炎症を引き起こしてしまうのです。

 

ストレスにより、胃の活動が低下してしまうと、満足に消化ができなくなり、それが腸に流れることでそこでも消化不良が引き起こされます。そのため胃痛から下痢という流れになってしまうのです。

 

 

急性胃腸炎だけでなく、最近はストレスによって胃の活動が低下しその過程で下痢が発生することが多くなってきました。原因が分かれば対策するだけですが、ストレスを感じない生活を送ることが現実的ではなくなってしまった現代社会では、胃痛と下痢を発生させることを、確実に抑えることが難しくなったのです。

 

原因を特定し、自分で出来る範囲のことからはじめるのが懸命でしょう。